ヘルスケア

ワクチン、9月末までに全対象者の8割に供給 週内にスケジュール公表へ

 河野太郎ワクチン担当相は1日放送のBS朝日番組で、新型コロナウイルスワクチンの接種について、9月末までに全国の対象人口のうち8割が2回接種するための供給スケジュールを週内に示す考えを明らかにした。「9月いっぱいでそれぞれの自治体の人口の8割が2回打てる分のワクチンを供給できるだろうと思っている」とも述べた。

 原則40歳以上を接種対象とする英アストラゼネカ製のワクチンに関しては、米ファイザー製や米モデルナ製でアレルギーを引き起こす人や、アストラゼネカ製を海外で1回接種し、2回目を希望する人に使う考えを示した。同時に40歳以上のワクチン接種を加速させたい自治体にも供給するとし、今後、都道府県と調整を進めていくと説明した。

 一方、2回接種を終えた人に3回目を行う「ブースター」は、来年以降になるとの見通しを示した。感染力の強いインド由来のデルタ株へのワクチンの効果については、「2回接種すればそれなりの重症化予防の効果はある」と強調し、国民に接種を促した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus