試乗スケッチ

14年ぶりの全面刷新 新型「ランクル」 優しくなった“悪路の鬼” (2/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 運転しやすさと疲れにくさを追求

 とはいえ、300系となる新型の開発コンセプトには、新しい文言が組み入れられている。いわく「世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走り」である。悪路走破性には一点の妥協もない。乗り心地には不利なハシゴ型ラダーフレームを頑固に踏襲、リアのサスペンション形式も、乗り心地と操縦性を整えるには不利なトレーリングアーム式を採用している。それもこれも、オフロード性能を優先した結果なのだが、それでも運転しやすさと疲れにくさを求めているというのだ。

 実際に乗りやすい。新型には二つのパワーユニットが準備されており、ガソリエンジンはV型6気筒3.5リッターツインターボ、ディーゼルエンジン仕様はV型6気筒3.3リッターツインターボである。その中のガソリン仕様はとくに穏やかな乗り味が印象的だった。

 ハシゴ型ラダーフレームの弱点である操縦安定性も整っている。フラフラと落ち着きなく蛇行することも少なく、コーナリングの不安定さもない。新型は大幅に軽量化が進んでおり、先代に比較して約200キロのダイエットに成功。電子制御サスペンションを組み込むなどして、鈍重な走りからの脱却に成功したのだ。

 ガソリンエンジンの最高出力は415ps、最大トルクは650N・mまで強化されている。先代はターボの助けを借りないV型8気筒4.4リッターであり、それよりもパワースペックは増強されている。組み合わされる10速ATの相性も優れており、市街地から高速道路まで乗りやすさが向上していた。

 今回は悪路の踏破性を確認することはできなかったが、ともすれば都会的クロスカントリーモデルであるかのような優しい乗り味だった。ランドクルーザーはまた新たな一本を踏み出したのである。

木下隆之(きのした・たかゆき)
木下隆之(きのした・たかゆき) レーシングドライバー/自動車評論家
ブランドアドバイザー/ドライビングディレクター
東京都出身。明治学院大学卒業。出版社編集部勤務を経て独立。国内外のトップカテゴリーで優勝多数。スーパー耐久最多勝記録保持。ニュルブルクリンク24時間(ドイツ)日本人最高位、最多出場記録更新中。雑誌/Webで連載コラム多数。CM等のドライビングディレクター、イベントを企画するなどクリエイティブ業務多数。クルマ好きの青春を綴った「ジェイズな奴ら」(ネコ・バプリッシング)、経済書「豊田章男の人間力」(学研パブリッシング)等を上梓。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

【試乗スケッチ】は、レーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、今話題の興味深いクルマを紹介する試乗コラムです。更新は原則隔週火曜日。アーカイブはこちら。木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【クルマ三昧】こちらからどうぞ。YouTubeの「木下隆之channel CARドロイド」も随時更新中です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus