ヘルスケア

107歳双子が長寿ギネス認定 きんさんぎんさんの記録更新

 ギネスワールドレコーズジャパン社は20日、今月1日に107歳300日となった香川県在住の炭山ウメノさんと、大分県在住の児玉コウメさんの双子の姉妹を、「存命中の最高齢の一卵性双生児」と「史上最高齢の一卵性双生児」に認定したと発表した。 成田きんさん(2000年死去)、蟹江ぎんさん(01年死去)の双子姉妹の記録は、きんさんが死去した107歳175日で、これを上回った。

 発表によると、2人は1913年11月5日、香川県・小豆島で、11人きょうだいの3人目(長女)と4人目(次女)として生まれた。尋常小学校卒業後、別々に暮らしていたが、70歳過ぎから一緒に四国霊場八十八カ所巡礼などをするようになった。きんさんとぎんさんの長寿記録を目標にしたいと口にしていたという。

 それぞれが住む高齢者施設の職員からギネス記録の公式認定証が手渡され、ウメノさんは涙をうかべた。コウメさんは記録を認識することは困難だという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus