クルマ三昧

GT-Rの開発ドライバーを起用 「ノートオーラNISMO」にかける日産の志 (2/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 速さだけでない、洗練された“味付け”

 かくして僕は、認定テストに立ち合っている。不遜な言い方になるけれど、僕の記録した基準タイムの○%内に走れることといったような、テストドライバーではこれまで必要とされてこなかった「速さ」という基準を設けたのである。

 というのも道理で、R35型GT-Rの開発はニュルブルクリンクの特別のガレージを構え、ほぼ常駐する形でテストを繰り返していた。世界のスーパーカーが集結するかの地では、特別なドライビングテクニックが求められる。時速250キロでジャンプするような、コーナーを臆することなく攻め切れるスキルが欠かせない(それまでの日産認証制度では最上級のA1でも許された最高速度は時速180キロ以下だった)。目の覚めるようなタイムが叩き出せるドライバーが必要だった。そこに白羽の矢が当たったのが神山氏というわけである。

 ことほどさように、神山氏がR35GT-Rの開発を担当し、当時世界最速のロードカーを完成させたのだが、その匠が一転、プレミアムコンパクトのノートオーラニスモの味付けを担当していたというのだから、腰を抜かしかけたのも道理であろう。

 ちなみに、ASの資格はただ速ければそれで良いわけではない。それで許されるならばレーシングドライバーを起用すればそれですむ(実際にレーシングドライバーが開発に加わることは少なくないが)。それだけでは満たされない、感じる能力、不具合を指摘するセンサー、改善点を指摘する知識などにおいても高度なスキルが求められる。つまり、ノートオーラニスモはそんなエリートテストドライバーの感性によって開発されたのである。

 そして同時に、ノートオーラニスモは軽快なフットワークが信条であり、かつてのR35GT-Rのような獰猛(どうもう)なフィーリングは皆無だった点が興味深い。

【クルマ三昧】はレーシングドライバーで自動車評論家の木下隆之さんが、最新のクルマ情報からモータースポーツまでクルマと社会を幅広く考察し、紹介する連載コラムです。更新は原則隔週金曜日。アーカイブはこちら。木下さんがSankeiBizで好評連載中のコラム【試乗スケッチ】こちらからどうぞ。YouTubeの「木下隆之channel CARドロイド」も随時更新中です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus