ライフ

ノーベル賞 日本人2年ぶり受賞なるか 各賞を予想 (1/2ページ)

 今年のノーベル賞が4日から順次、発表される。医学・生理学賞、物理学賞、化学賞の自然科学部門は日本人の有力候補が多く、2年ぶりの受賞となるか注目されそうだ。村上春樹さんに期待がかかる文学賞など各賞を予想した。

医学・生理学賞(4日)

 医学・生理学賞は新型コロナウイルスのワクチン開発に授与されるかどうかが最大の焦点だ。ウイルスの遺伝物質であるメッセンジャーRNA(mRNA)を人工的に合成し、投与する方法を確立した米ペンシルベニア大のカタリン・カリコ客員教授(66)ら2人の名前が挙がる。

 短期間で実用化し、感染拡大を抑止した功績が評価される一方で、世界的な流行はまだ終息しておらず、医学的な評価は時期尚早との見方もあり、受賞は来年以降に持ち越される公算も大きい。

 日本人では、細胞内で異常なタンパク質が増えないようにする「小胞体ストレス応答」の仕組みを解明した京都大の森和俊教授(63)が有力だ。

 免疫を抑える「制御性T細胞」を発見した大阪大の坂口志文栄誉教授(70)、細胞同士を接着させる「カドヘリン」という物質を発見した理化学研究所の竹市雅俊名誉研究員(77)も有望視される。

物理学賞(5日)

 物理学賞は昨年、宇宙分野で2年連続の受賞となったため、今年は物質の性質を探る物性分野か、量子力学の分野から選ばれる可能性が高い。物質の概念を一変させた「トポロジカル絶縁体」や、量子力学の基礎研究などへの授与が予想される。

 日本人では「光格子時計」を発明した東京大の香取秀俊教授(57)への期待が大きい。数百億年に1秒しか狂わない超高精度な原子時計で、革新的な情報技術の誕生につながる成果として国際的に評価されている。

 量子コンピューターの基礎技術を開発した東京大の中村泰信教授(53)らも有望だ。超電導物質を使って心臓部の回路を開発し、実用化への研究を大きく前進させた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus