試乗スケッチ

国民車「カローラ」にも“クロス”登場 時代が求める都会派アウトドアスタイル (1/2ページ)

木下隆之
木下隆之

 日本の国民車、トヨタ「カローラ」にもまた新たなモデルが加わった。その名も「カローラクロス」。時代は“クロス”の流行真っ盛り。トヨタが大衆的な「ヤリス」をベースにクロスカントリー風の性能と雰囲気を与えた「ヤリスクロス」は、瞬く間に人気モデルへと成長した。その余勢を駆って、カローラの派生モデルともいえる「カローラクロス」を発表したのだ。

 コロナ禍がもたらしたアウトドアニーズ

 日産は「ノートオーラ」にアウトドア色を強調した「クロスオーバー」を追加。三菱はオフロード性能を意識した「エクリプスクロス」をリリース。軽カーには、行動的な「sKクロス」をラインナップというように、各社が積極的に“クロス”系のモデルラインナップを拡充している。

 クロス増殖の風潮は新型コロナウイルスがもたらした生活スタイルの変化が理由でもある。リモートーワークを主体にした生活様式になり、度重なる緊急事態宣言で外出もままならない。三密回避が基本になり、自宅で過ごす時間が圧倒的に増えた。

 一方で時間的余裕が増えた。日本のGDPは2020年には一旦下降。だが、収入源に寄り添う形で娯楽への出費が減り、レジャーへの欲求が募る。その矛先が、アウトドアブームを巻き起こしている。クロス系の派生モデルが増殖しているのは、時代の自然な欲求なのかもしれない。

 自動車メーカーにとっても、クロス系の派生モデルの開発は都合が良い。ベースから開発せずにしなくて済む。膨大な開発費を投じなくても、例えばフェンダーにモールをあしらうなど、既存の素材にアウトドアを感じさせる装飾を施し、手持ちの4輪駆動システムを盛り込めば、本格的なクロスカントリーモデルではなくとも、山坂道やキャンプサイトで映える“クロス”を作ることができるからだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus