サイトマップ RSS

元FIFA副会長 W杯招致で収賄疑惑

2014.3.20 13:35

 英紙デーリー・テレグラフは3月18日、2010年12月にサッカーの22年ワールドカップ(W杯)のカタール招致が決定して間もなく、当時、国際サッカー連盟(FIFA)の副会長だったジャック・ワーナー氏(71)とその家族が、カタール出身のFIFA理事(64)が経営する会社から約200万ドル(約2億300万円)を受け取ったと報じた。

 カタールのW杯招致委員会は「FIFAの規則に違反したことはない」とのコメントを発表した。(SANKEI EXPRESS


産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ