サイトマップ RSS

「アナと雪の女王」同性愛テーマと解釈も… 劇中歌でカミングアウト? (2/4ページ)

2014.4.8 07:50

吹き替えを担当した松たか子(左)と神田沙也加=2014年3月20日、東京都中央区(村上純平さん撮影)

吹き替えを担当した松たか子(左)と神田沙也加=2014年3月20日、東京都中央区(村上純平さん撮影)【拡大】

 また、米国外でも人気はすさまじく、全世界での興収も「ライオン・キング」の9億8700万ドル(約1000億円)を抜き、歴代1位。日本では今月(4月)6日までに600万人を動員、興収75億円を突破し、100億円を超えることが確実視されている。劇中歌を収めたサウンドトラック盤も米国では1月、ビヨンセ(32)の新作を蹴落としヒットチャートの1位に輝いた。

 多様な愛の形

 「ここ10年、想像力の凍結に悩んできたディズニーは、この作品で本格的な雪解けを迎えた」(米紙ロサンゼルス・タイムズ)と絶賛される本作だが、大ヒットの裏に“同性愛”というテーマが横たわっているとの指摘もある。

 本作は、ディズニー史上初めてヒロインが2人登場するが、孤独なエルサは男性からの求婚を求めていないというディズニーアニメとしては極めて特異なキャラクターであるうえ、本作中、最も有名な劇中歌でエルサが歌う「レット・イット・ゴー」は、ありのままの自分でいい、と自身を肯定する内容で、同性愛をカミングアウト(公言)している歌とみなす人々も少なくないという。

「邪悪」「キリスト教的」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!

ページ先頭へ