サイトマップ RSS

妊産婦死亡率が高いアフガニスタン 安全な出産 助ける女性育てる (3/4ページ)

2015.5.8 09:30

「病院と救急車が欲しい」と訴える13歳のマスード君=2014年2月11日、アフガニスタン・ヘラート州(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)

「病院と救急車が欲しい」と訴える13歳のマスード君=2014年2月11日、アフガニスタン・ヘラート州(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)【拡大】

  • 保健・医療従事者の養成プログラムで、模型を使って分娩の方法について学ぶ女性たち=2014年11月16日、アフガニスタン・ヘラート州(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 子供たちが元気に育ち豊かな人生を送ることが、アフガニスタンの平和につながる=2012年4月24日、アフガニスタン・ヘラート州(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 小児検診を受ける子供=2014年7月1日、アフガニスタン・ヘラート州(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 研修を受ける女性にはお母さんも多い。研修に子どもを連れてくることも=2014年11月16日、アフガニスタン・ヘラート州(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ワールド・ビジョン・ジャパンの平井さつきさん(中央)=2014年10月9日(提供写真)
  • アフガニスタン・ヘラート州
  • ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)__キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。http://www.worldvision.jp/

 アフガニスタンの高い妊産婦死亡率の背景にあるもう一つの要因は、この女性が経験したような、慣習にある。伝統的に良いとされていることも、現代の医学では必ずしもそうではない。それを地方の村に住む人々に理解してもらい、女性が安全に出産できるようサポートすることも、助産師の重要な仕事だ。

 アフガニスタンに暮らす医療従事者は、必ずしも設備が整った病院で働けるわけではない。地方では設備も情報も限られているが、ワールド・ビジョンが実施する研修で新たな知識や技術を身に付けることができる。

 この事業を担当して、女性が妊娠して無事出産し、その子供が健康に育っていくことがいかに奇跡的かということを、私自身の育児を通して実感している。アフガニスタンでは、妊産婦死亡率だけでなく、乳幼児死亡率や子供の栄養不良も深刻だ。現地の子供の写真を見たとき、3歳半の息子と同年齢に見える子が、実際は小学校入学くらいの年齢だと聞いたときには、栄養不良が蔓延(まんえん)していることにショックを受けた。

ワールド・ビジョン・ジャパン 平井さつき略歴

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ