フィリピン、経済成長率上昇で最高予測 ASEAN主要5カ国

2013.8.5 07:30

 フィリピンは今年、東南アジア諸国連合(ASEAN)主要5カ国のなかで経済成長率が最も高くなると予測される。国際通貨基金(IMF)が発表した国内総生産(GDP)成長率の最新見通しを現地紙インクワイアラーなどが報じた。

 IMFは13年のフィリピンのGDP成長率見通しを、昨年11月に発表した6%から7%に、14年の見通しも5.5%から6%に上方修正した。一方、インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナムを含むASEAN主要5カ国の成長率見通しは0.3ポイント引き下げ、5.6%としている。

 フィリピン経済の成長の勢いは際立っており、今後も持続するとの見方だが、高い成長率を維持するためには、税制に関する法整備や規制緩和などの改革に加え、さらなる投資の呼び込みが必要だとIMFは指摘している。

 好調な同国経済を支える要因の一つは1000万人ともされる海外就労者からの送金で、その額も増え続けている。フィリピン中央銀行(BSP)によると、今年5月の海外就労者からの送金額は前年同月比6.2%増の21億ドル(約2094億円)で、1~5月の累計額は前年同期比6.4%増の97億ドルに達している。(シンガポール支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。