パキスタン「箇所付け」苦慮 開発予算不足、連邦と州が再検討 (1/2ページ)

2013.9.4 05:00

 パキスタン政府は7月、6つの省による開発プログラムの資金として145億パキスタン(P)ルピー(約138億円)を拠出した。だが今年度(2013年7月~14年6月)の開発プログラム予算は合計5400億Pルピーで、その約2.7%分を確保できたに過ぎず、同国計画開発庁は開発予算の箇所付けに苦労している。現地英字紙エクスプレス・トリビューンが伝えた。

 7月の拠出金の約50%はパキスタン原子力委員会(PAEC)に割り当てられた。また、鉄道省、地震復興庁、法務・議会問題省、内務省などの要求分も一部ながら認められた。

 パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派(PML-N)による同国政権は、開発需要に応えるため、13年度に5400億Pルピーの開発予算を組んだ。うち4250億Pルピーは計画開発庁で、1150億Pルピーは政府による新規事業として使途を決定する。

 一方、公共セクター開発プログラム(PSDP)が地方の意見を取り入れずに決定されたとして各州から反対意見が出され、連邦政府と各州は現在、開発予算の優先順位の再検討を進めている。

 シャリフ首相は6月初め、開発プログラムの優先順位を修正するための委員会を設置したが、7月末の期限までに意見がまとまらなかった。同委員会によると、修正作業の完了は早くとも9月以降になる見通しだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。