「現時点では10%に上げるべきではない」 本田悦朗内閣官房参与、消費税再増税に慎重姿勢

2014.8.27 10:11

インタビューに応じる内閣官房参与の本田悦朗氏=26日、首相官邸

インタビューに応じる内閣官房参与の本田悦朗氏=26日、首相官邸【拡大】

 本田悦朗内閣官房参与(静岡県立大教授)は26日、産経新聞のインタビューに応じ、来年10月に予定する消費税率10%への引き上げについて「今の日本経済に再増税はリスクが大きい。現時点では上げるべきではない」と述べ、再増税に慎重な姿勢を示した。再増税を見送った場合、財政健全化が後退するとの懸念については「増税を延期する場合、いつまで延期するかなど財政再建を行う意志をきちんと説明すれば日本が国際的な信認を失うことはあり得ない」と明言した。

 今年4~6月期の実質国内総生産(GDP)が前期比年率6・8%のマイナスに落ち込んだ背景について、本田氏は「景気回復を牽引(けんいん)した消費は、円安株高に伴う資産効果によるもの。所得が増えて消費が伸びるのに比べて増税のショックに弱い」と分析した。

 さらに7~9月期の経済成長率については「8月に全国で発生した自然災害は消費心理に悪影響を与えるし、現時点ではあまり良くない」と予想した。その上で「特に消費と設備投資で自律的な成長が見られて初めて、アベノミクスが再起動した状況になる。数字がよいだけでは増税の環境が整ったとはいえない」と強調した。

 財政健全化への取り組みについては「財政健全化は国際公約だが、消費税増税は違う。日本は消費税率が外国に比べて低い上、世界3位の経済大国だ。半年や1年程度増税時期を遅らせても国際的な信認が崩れる心配はない」と述べた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。