送電網増強へ入札公募案提示 経産省、再生エネ導入拡大目指す

2014.12.3 05:50

 経済産業省は2日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の見直しを議論する有識者会議を開き、電力会社の送電網増強の工事費を再エネ事業者から入札で募る案を示した。

 再エネの導入拡大に向けては、送電網の受け入れ容量が小さい山間部などでの送電網増強が必要だ。同省は東京電力が群馬県内で試行している入札公募方式をモデルとして提示。将来的に全国に広げる可能性も視野に入れている。

 送電網が弱く受け入れ容量が不足している場合、従来は設備増強の工事費を再エネ事業者1社がいったん全額負担し後から他の事業者と工事費を分担していた。ただ事業者間の調整が難航する場合もあり、東電が入札公募方式を試験導入していた。

 同方式では、事業者が接続を希望する電力容量と工事費の負担額を入札。高額入札者から優先して送電網への接続が認められる。

 九州電力など電力大手5社は送電網の容量不足などから、新たな再エネ買い取り手続きを停止している。

 この日の会議で、経産省は、太陽光に偏重した再エネ導入を是正するため、地熱や火力、バイオマス発電を優先的に拡大する仕組みを検討する方針も示した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。