【論風】よろめく世界経済 新興国減速で視界不良続く (1/3ページ)

2016.7.28 05:00


【拡大】

 □青山学院大学特別招聘教授・榊原英資

 2015年の世界経済の成長率は3.1%と、14年の3.4%から1割近く下降している。米国をはじめとする先進国の国内総生産(GDP)成長率はそこそこ順調(15年は米国が2.4%、ユーロ圏が1.5%、英国が2.2%、日本が0.5%)なのだが、新興市場国および途上国の15年の成長率が前年の4.5%から4.0%まで下がってしまったのだ。

 ◆資源価格が打撃

 主な原因は石油価格など天然資源価格の下落。米国産標準油種(WTI)は14年の1バレル=93.13ドルから15年は48.75ドルまで下がっている。鉄鉱石価格も14年は1トン=96.84ドルだったのが、15年には55.21ドルまで下落。石油価格は16年1~2月にさらに下がり、5月に入って反転しているが、5月末でも50ドル前後だ。

 天然資源価格の下落で大きな打撃を被ったのが、輸出国であるロシアやブラジルなど。15年のロシアの成長率はマイナス3.7%、ブラジルはマイナス3.8%だ(14年のロシアの成長率は0.6%、ブラジルは0.1%)。

 天然資源価格の下落は輸入国である多くの先進国にはプラスで、15年はそれぞれ米国が2.4%、ユーロ圏は1.6%の成長率を達成している(14年の米国の成長率は2.4%、ユーロ圏は0.9%)。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。