国内

新型肺炎でも8割の母親が在宅勤務できず 可能でも「子供気になり集中困難」

 新型コロナウイルスの感染防止策として全国の学校が休校している中、働きながら子育てをしている女性の80.8%が、職場で在宅勤務を認められていないことが民間調査で分かった。

 在宅勤務ができず、子供の預け先を探したり、仕事を休んだりするなど、多くの人が急な対応に追われ混乱する実態が浮き彫りとなった。子育て支援アプリを運営する「コネヒト」(東京)が2月28日~3月2日、インターネット上で約1800人を対象に調べた。在宅勤務できない理由は「業種や職種」が多い。雇用形態やセキュリティー上の問題なども理由に挙がった。

 在宅勤務が「可能」と答えた人に対し、子供が近くにいる環境で働く上での課題も複数回答で尋ねた。75.6%が「子供が1人で長時間遊び続けることができない」と答え、「子供が気になり仕事に集中できない」も73.7%を占めた。

 利用できると助かる支援やサービスに関しては「当日でも頼める低料金のシッターや家事代行」「教材や動画などの学習コンテンツ」「弁当宅配サービス」などの声が寄せられた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus