海外情勢

米「中国を罰する方法検討」 世界的感染拡大、責任追及明確に

 米トランプ政権が新型コロナウイルスの世界的な感染拡大をめぐり、中国の責任を追及する姿勢を鮮明にした。トランプ大統領は4月29日、「中国政府を罰する方法」を検討していると言明。米中貿易協議にも影響を与えているとの認識を示した。

 ポンペオ米国務長官は29日、FOXニュースとのインタビューで、世界に広まった新型コロナウイルスの発生について「中国共産党は今や、世界に対してこのパンデミック(世界的大流行)がどうやって中国から世界各地に広がり、世界経済にこれほど打撃を引き起こしたのか説明する責任がある。米国は彼らに責任を取ってもらう必要がある」と語り、米中の非難合戦をさらにエスカレートさせた。

 トランプ大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問も別のFOXニュースの番組でトランプ大統領は「問題を起こした人物に責任を取らせるために必要な行動は何でもとる意向だと明確にした」と述べた。

 トランプ大統領はロイター通信のインタビューで、中国政府の対応を見ると、11月の米大統領選で自身が敗れるのを強く望んでいるようだと発言。中国政府を罰するさまざまな方法を考えているとも語った。また米中貿易協定について、新型コロナによって「ひどく狂わされている」とも述べた。

 一方、中国中央テレビ(CCTV)は29日夜のニュース番組で、新型コロナに関する米国のデータには透明性と正確性に疑問があると伝えた。CCTVはここ数日、ポンペオ氏が「人類共通の敵となり、人としての最低限をも踏み破った」と酷評していた。(ブルームバーグ Josh Wingrove)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus