海外情勢

エミレーツ、3万人削減検討 航空業界で最大規模

 アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国の航空会社エミレーツ航空を傘下に持つエミレーツ・グループは、約3万人の削減を検討している。実現すれば、新型コロナウイルスの感染拡大で休止状態に追い込まれている世界の航空業界で過去最大規模の人員削減となる。

 エミレーツは3月時点で10万5000人だった従業員を最大30%削減する可能性があると関係者が明らかにした。同社は数年続くと見込まれる旅行低迷に対応するためコスト削減と事業再編を進めているという。

 エミレーツは約2カ月ぶりの運航再開に向け準備を進める中、「コストと資源の水準を見通しに照らして見直している」と説明した。

 一部の関係者によれば、エミレーツはエアバスの超大型機A380の退役をさらに加速させることも検討している。エミレーツは同機の世界最大の運航会社で、すでに小型のワイドボディー機への切り替えを進めている。

 エミレーツのティム・クラーク社長は今月、旅客需要の回復は少なくとも数年先になるとの見通しを示した。同氏は新型コロナのパンデミック(世界的大流行)を航空業界にとっての「黒い白鳥(ブラックスワン)」と称し、壊滅的な影響を与えていると指摘している。(ブルームバーグ Layan Odeh、Siddharth Philip)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus