海外情勢

アップル、米25店舗今週再開 入り口で検温

 米アップルは新型コロナウイルスの流行で休業を余儀なくされた全世界の約100店舗で営業を再開しているとし、今週には全米で約25店舗、カナダで12店舗を再開すると明らかにした。一部の店舗は商品の受け取りまたは店頭サービスのみになる。

 ディアドラ・オブライエン上級副社長(人事・小売り担当)は顧客宛て書簡で、アップルは店内で「人の密度を制限し、全ての人に多くの空間を与えることに注力した」上で、1対1のサービスに再び重点を置くと説明した。

 店舗の入り口で検温を実施するほか、顔を覆うフェースカバーの着用を全ての従業員と顧客に求め、持参しない顧客にはアップルが提供する。

 米国のアップルストアはアーカンソー、カリフォルニア、コロラド、フロリダ、ハワイ、オクラホマ、ワシントンの各州で再開を予定している。アップルはイタリアやドイツ、オーストリアなど欧州とオーストラリアでも小売販売ネットワークを再開する過程にあり、イタリアでは今週、17店舗のうち10店舗を再開する予定だ。(ブルームバーグ Greg Chang)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus