海外情勢

中国、地方トップらが結婚証交付 婚姻教育強化へ指導意見

中国新聞

 中国民政省によると、中国で結婚するカップルは今後、厳かな儀式の中で「結婚証」を受領し、結婚の誓いを行うことになる見通しだ。

 同省と全国婦人連合会がこのほど公布した「新時代の婚姻指導の教育強化に関する指導意見」では、婚姻登記に神聖で重厚な雰囲気のある交付式を組み入れることを検討している。結婚の誓いを読み上げることで、結婚する2人に婚姻における責任を深く心に刻んでもらうという。

 同意見は、屋外に交付場所を設置したり、地方政府のトップや名士が結婚証を交付する制度を設けたりするなど、温かみのある交付サービスの普及を積極的に進めるよう提言。教養のある誓いの言葉を作成し、家族や友人が立会人として儀式に参列することを奨励している。

 さらに、結婚準備を手助けするとともに夫婦間のトラブルを未然に防ぐよう、婚姻指導や指導カリキュラムの展開を模索。離婚を届け出た夫婦に対し、(離婚成立までの)「冷却期間」に(離婚回避に向けた)有効な措置を考案すると強調している。中国の伝統的な婚姻と家庭、婚礼の文化を広め、「家庭和諧(調和)」で「和諧社会」を促進していくという。

 2022年末までに、中国は夫婦に関する指導教育の取り組みを広く展開し、サービス主体の多元化、チームの専門性の向上、管理の基準化などを進め、社会統治の基礎である家庭の基盤を固める。(中国新聞社)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus