国内

横須賀のフェリー施設着工 地元業者は反対

 神奈川県横須賀市の横須賀港で24日、同市と北九州市を結ぶフェリー就航に向けた工事が始まった。運航する東京九州フェリー(北九州市門司区)が同港の国際貿易拠点「新港ふ頭」にターミナルを整備する。

 新航路は来年7月に就航予定で、横須賀港と新門司港間を週6便、片道約21時間で運航する計画。一方、横須賀の港湾運送業者16社が加盟する横須賀港運協会は、荷役作業に大きな影響が出るとして、工事中止や就航の白紙撤回を求めている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus