海外情勢

米台が経済対話を初開催 サプライチェーン網強化、5Gシステム構築

 米政府と台湾政府は20日、新たに創設した経済対話の初会合を米首都ワシントンで開催した。台湾の駐米代表部に当たる駐米台北経済文化代表処が発表した。

 サプライチェーン(部品の調達・供給網)の強化や、第5世代(5G)移動通信システムの構築に向けて協議。中国側は開催に反対する考えを表明している。

 中国が軍事・外交両面で台湾への圧力を強める中、トランプ米政権は経済対話を通じて台湾を支援する姿勢を強調する狙いがある。

 米側は対中強硬派のクラック国務次官(経済成長・エネルギー・環境担当)が代表を務めた。台湾側はオンラインでの出席を含め、王美花経済部長(経済相)らが参加した。経済対話は米側が8月末に創設を表明した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus