株価・外為

三井不動産の東京ドームTOB、大株主の香港ファンドが応募意向

 三井不動産は8日、東京ドームに対し実施しているTOB(株式公開買い付け)に、東京ドーム大株主の香港ファンド「オアシス・マネジメント」が応募する意向を示したと発表した。応募契約の締結に向け、条件に関する協議を進める。

 三井不動産が7日にTOBへの賛同を求めたところ、オアシスはTOB価格である1株当たり1300円で応じる考えを示したという。TOBの期間は11月30日から来年1月18日まで。

 オアシスは今年1月時点で、東京ドーム株の9・61%を持つ大株主。業務改善策を示してきたが対話を拒否されたとして、10月に東京ドーム社長らの解任を提案した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus