国内

日銀、財務省から60億ドル買い入れ 金融機関への資金供給に備え

 日本銀行は16日、財務省の外国為替資金特別会計(外為特会)から60億ドル(約6200億円)を買い入れると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うドルの需要増加に備え、金融機関への資金供給を円滑に実施する狙い。来年3月末までに実施する。

 日銀による外為特会からのドル購入は、一定期間経過後に売り戻す条件を付けて実施したことはあるが、条件なしでの買い入れは初めて。レートは買い入れ日の市場実勢相場を適用する。日銀が保有するドル預金などの外貨資産の残高は、今年9月末時点で8兆6526億円だった。今年春に感染症が世界的に拡大した際には、経済活動が停滞し、手元資金の不足した金融機関などが基軸通貨であるドルの確保に動き、ドルの調達コストが上昇した。日銀は金融機関がドルを確保しやすい環境を整え、事業運営を支える。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus