海外情勢

中国企業のバイオ製薬企業が独バイエルの製薬工場買収

中国新聞

 中国のバイオ製薬企業、薬明生物技術(ウーシー・バイオロジックス)はこのほど、独バイエルからドイツ・ヴッパータールにあるバイオ医薬品の原液工場を約1億5000万ユーロ(約190億円)で買収することで合意したと発表した。工場は新型コロナウイルスのワクチンおよびその他バイオ医薬品の活性成分の生産に使用するという。薬明生物は4月にも、バイエルからレバークーゼンにある製薬工場の買収を完了している。薬明生物によると、今回合意した原液工場には1000リットルの「灌流(かんりゅう)培養装置」を擁する生産ライン3本と2000リットルの「流加培養装置」を擁する6本に加え、独立した下流工程の設備が含まれ、同社の新型コロナワクチンおよびその他バイオ医薬品の世界供給能力が一層高まる。両工場は2021年中に生産を開始する予定。今回の取引は当局の承認待ちで、21年前半にも承認される見通し。(中国新聞社)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus