株価・外為

東芝が3年半ぶり東証1部復帰へ 

 東京証券取引所は22日、東芝が申請していた株式上場先の東証2部から1部への復帰を承認したと発表した。29日付で、名古屋証券取引所の1部にも復帰する。東芝は不正会計問題や米原発事業を巡る巨額損失で経営不振に陥り、平成29年8月に1部から2部に降格された。経営の立て直しを進め、令和2年4月に復帰を申請していた。約3年半ぶりに返り咲く。

 信用力が向上し、成長に向けた資金調達をしやすくなることが見込まれる。ただ、3年3月期の連結営業利益予想は減益を見込むなど、安定した収益体制の構築が課題となりそうだ。

 東芝は米原発子会社だったウェスチングハウス・エレクトリックの経営破綻に伴う債務超過で東証の基準に基づき2部に降格。その後は稼ぎ頭だった半導体事業の売却など財務や収益構造を見直してきた。平成29年11月には約6000億円の増資も決めた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus