国内

大雪施設・家畜被害 現場ニーズに対応 農水相

 野上浩太郎農水相は23日、大雪による農業用ハウスや家畜などの被害が相次いだ新潟県を訪れ、花角英世知事や村山秀幸上越市長らと会談した。終了後、報道陣の取材に応じた野上氏は「丁寧に現場の声を聞きながらニーズに対応できるような支援を検討することを指示したい」と言及した。

 花角氏は会談で要望書を手渡し「県内各地で被害が発生している。早期復旧や営農再開、継続ができるよう迅速に特別な配慮をしてほしい」と訴えた。

 会談に先立ち野上氏は同県の南魚沼市と上越市を視察。報道陣に「被害状況が深刻だと肌で感じた。施設撤去や再建、畜産への対応など必要な支援をしていかなければならない」と指摘した。

 農林水産省によると、昨年12月からの大雪による農林水産関係の被害は21日夜時点で新潟を含む25道府県から報告があった。22日夜時点での被害額は計約69億円に上るという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus