海外情勢

米ロビンフッド、株取引制限を8銘柄に縮小 急騰したゲームストップなど対象

 個人投資家の株式取引プラットフォームを提供する米ロビンフッド・マーケッツは1月31日、取引制限リストの対象を先週末時点の50銘柄から8銘柄に減らしたことを明らかにした。同社のウェブサイトに最新の制限リストが掲載された。

 新たな制限リストにはビデオゲーム販売の米ゲームストップ(GME)のほか、AMCエンターテインメント・ホールディングス(AMC)、ブラックベリー(BB)、エクスプレス(EXPR)、ジーニアス・ブランズ・インターナショナル(GNUS)、コス(KOSS)、ネイキッド・ブランド・グループ(NAKD)、ノキア(NOK)、米国預託証券(ADR)が含まれる。

 ロビンフッドのウェブサイトによれば、これらの証券銘柄は新たなポジションの設定が現時点で可能だが、ユーザー1人当たりが保有できる株式・オプション数に制限がある。現在の保有が上限を既に上回るユーザーは、ポジションの売却や清算ができない。

 クリアリングハウス(清算・決済機関)から保証金の引き上げを求められたことを受け、ロビンフッドは一部銘柄に購入制限を課し、1月29日時点で対象を50銘柄に増やしていた。

 人気の株取引アプリ運営会社としてゲームストップ株の急騰に一役買ったロビンフッドは、ソーシャルメディアへの書き込みが高騰を招いた一部銘柄の取引を制限し、政治の領域からの批判にさらされた。(ブルームバーグ Yueqi Yang)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus