海外情勢

中国快手、仮想ギフトに勢い 有料ユーザー最多

 中国で人気を集めるオンラインストリーミング業界で、仮想ギフトの存在は大きい。お気に入りのライブパフォーマーに5元(約81円)のバラから500元の宇宙ロケットまで何でも届けることができる。

 ギフト自体は単なるシンボルだが、マネーは本物で、快手科技はその一部を得ることで大きな成功を手にした。

 北京字節跳動科技(バイトダンス)と競合する快手科技は仮想ギフト向けライブストリーミングプラットフォームで最大手となり、月間有料ユーザー数は世界最多だ。

 快手科技は香港市場で54億ドル(約5700億円)規模の新規株式公開(IPO)を実施。これにより、少なくとも4人のビリオネアが誕生する。同社が目論見書で開示した持ち株状況に基づけば、4人の資産は計150億ドル。ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、共同創業者の宿華、程一笑両氏の純資産額はそれぞれ55億ドルを超える。

 湖南省出身の宿氏は清華大学でコンピュータープログラミングを学んだ後、2006年に北京でグーグルに入社。世界的な金融危機のさなかに同社を退社した同氏は、11年に知り合った程氏とタッグを組んだ。

 主な収入源は依然としてバーチャルギフト売買で、快手科技の収入の約3分の2を占めるが、電子商取引(EC)やオンラインゲームなど利益率の高い事業の拡大を図っている。(ブルームバーグ Venus Feng、Zheping Huang)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus