海外情勢

世界全体の「普通の日常」回復まで7年 現在の接種ペースから測定

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)がいつ収束するかは昨年世界で新型コロナ感染が拡大して以来、ほぼ全ての事柄に関わってくる問題だが、その答えはワクチン接種率で測定することができる。

 世界全体で1億1900万回余りのワクチンが接種される中、ブルームバーグは世界で行われている新型コロナワクチン接種の最大のデータベースを構築した。

 米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長ら米国の科学当局者は、事態が正常に戻るには、ワクチン接種率が70~85%になる必要があると示唆している。1人当たりワクチン2回接種での接種率75%を目標に設定して、ブルームバーグのワクチン・トラッカーで世界の状況を調べると、一部の国が他国よりはるかに急速に前進している実態が浮かび上がる。

 世界で最も接種率の高い国であるイスラエルは、わずか2カ月以内に75%の接種率を達成する勢いだ。米国は2022年正月までにこの水準に到達する見込み。裕福な先進諸国でのワクチン接種が世界の他の地域よりも急速に進んでいる状況を踏まえると、現在のペースでは世界全体で7年を要する見通しだ。

 今後ワクチン利用が増えるのに伴い、接種ペースは一段と加速する可能性が高い。インドやメキシコにある世界最大級のワクチン製造拠点は生産を始めたばかりだ。

 ブルームバーグのトラッカーによると、各国は100件余りの契約を通じて85億回分余りのワクチンを確保している。ワクチン接種がこれまで開始されたのは世界の3分の1の国にすぎない。

 ワクチン・トラッカーの予測は67カ国と米国の州・自治領から収集した1日当たり平均のワクチン接種のデータに基づいており、毎日更新される。(ブルームバーグ Tom Randall)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus