海外情勢

韓国の小中高生、6割が「南北統一は必要」

 韓国統一省などはこのほど、小中高校生らを対象にした昨年の調査で約62%が南北統一は必要と答えた一方、不要との回答は約24%で2年連続増加したと発表した。不要とした理由の筆頭は「統一に伴う経済的負担」だった。

 経済格差が大きい北朝鮮と統一した場合、韓国側が支援を余儀なくされるのではないかとの懸念などがあるとみられる。

 統一を不要とする回答は、北朝鮮も参加した平昌(ピョンチャン)冬季五輪や南北首脳会談が開かれた2018年には約14%だったが、19年には約19%に増加した。南北関係の悪化が影響している可能性もある。

 南北関係が「平和だ」との回答は、18年には約37%だったものの、昨年は約18%まで減少した。

 統一が必要とした理由では「南北間の戦争の脅威をなくすため」が最多で、「同じ民族だから」が続いた。北朝鮮については約55%が「協力対象」だと答え、約24%は「警戒対象」と回答した。

 調査は統一省と教育省が昨年11月、全国の小中高670校の生徒約6万9000人と教員らを対象にオンラインで実施した。(ソウル 共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus