国内

2月の景気指数、2カ月ぶり悪化 1.3ポイント下落も基調判断は据え置き   

 内閣府が7日発表した2月の景気動向指数(2015年=100、速報値)は、景気の現状を示す「一致指数」が前月比1.3ポイント下落の89.0となり、2カ月ぶりに悪化した。基調判断は「上方への局面変化」を据え置いた。

 2月に発生した福島県沖を震源とする地震の影響で自動車部品の供給が止まったことや、半導体の不足により、自動車の生産や出荷が落ち込んだことが響いた。アジアや米国向けの輸出が減ったことも影響した。

 内閣府の担当者は「自動車の生産減少が2月の一致指数を押し下げる大きな要因だった」と話した。

 一致指数の速報値の算出には、自動車や家電製品などの耐久消費財の出荷指数や有効求人倍率といった景気に敏感に反応する10の指標を用いており、7つがマイナスに寄与した。

 

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus