海外情勢

入国不要の韓国旅行を検討 空港公社、遊覧飛行や買い物

 新型コロナウイルスの流行が長期化し観光産業が大きな打撃を受ける中、韓国の仁川国際空港公社はこのほど、韓国への入国手続きをせずに観光を楽しめる新たな旅行プランの検討を始めた。

 韓国内の主要観光地の上空を遊覧飛行した後、空港内で免税店での買い物や各種公演を鑑賞する案が出ている。

 同公社によると、韓国からの飛行距離が比較的短く、コロナの感染状況が落ち着いている台湾やシンガポールの観光客を想定している。日本が含まれるかどうかは「現段階では不明」という。

 感染拡大の防止策として、参加者へのPCR検査と陰性証明のほか、ワクチン接種も義務付ける計画。搭乗ゲートも別に設け、他の空港の利用客らと動線が重ならないようにし、入国手続きをしないまま参加者が韓国内を観光した気分を味わえるようにする。

 他にも、米国や欧州などワクチン接種が進んでいる国の旅行者に限定して韓国への入国を認め、指定された観光地のみを訪れるプランを検討している。空港の周辺地域を防疫措置が取られた「安全区域」と定め、この区域を旅行客やビジネス客の宿泊に活用する案もある。(ソウル 共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus