海外情勢

銅の強気相場、熱は衰えず「今は買いをやめるな」 最高値更新

 1年にわたる工業用金属の強気相場で銅は最高値を更新したが、投資家からの資金流入は続いており、投資熱はすぐには衰えそうにない。

 「今は買いをやめるな」というのが金融業界からのメッセージで、ゴールドマン・サックスやバンク・オブ・アメリカ(BOA)などは、新型コロナウイルス禍からの世界的な回復と再生可能エネルギーや電気自動車(EV)関連インフラへの支出急増で長期的に相場が上昇するとの見通しから、投資家にポジションを拡大するよう助言している。

 銅相場は過去1年で既に2倍に値上がりし、1トン当たり1万ドルを突破。BOAは需要が急増する一方で供給が大きく落ち込めば2万ドル到達もあり得ると予想する。

 銅相場は数年にわたる低迷で魅力的な投資先ではないと長くみられていたが、最近の上昇で目を向ける人が増加。ロンドンとニューヨーク市場の銅先物は最高値を更新している。

 それでも強気投資家はなお、銅相場の長期的見通しの明るさがさらなる投資家を呼び込む可能性があるとみている。

 ブラックロックのテーマ別投資担当グローバル責任者、イビー・ハンブロ氏は「商品を高値に押し上げている要因の一つは実需ではなく、金銭的な需要だ。極めて商品集約的となる世界的なグリーン化の動きが見られており、このトレンドは数十年続く可能性がある」との見方を示した。(ブルームバーグ Mark Burton)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus