国内

手続き簡素化で同時配信を後押し 改正著作権法が成立

 テレビ番組を放送と同時にインターネットでも流す「同時配信」をしやすいように著作権関係の手続きを簡素化する改正著作権法が26日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。図書館の蔵書を電子データ化し、利用者にメールで送信できるようにもなる。

 テレビ番組のネット同時配信は現在、提供映像などを利用する際に放送と配信で別々に許諾を得る必要がある。このため手続きが間に合わず、ネットでは提供映像を映らないように加工したり、BGMを消したりする場合がある。

 来年1月1日からは、番組の放送を認めた際に別段の意思表示がなければ、ネット配信も了承したことにする。放送中でも最初から視聴できる追っ掛け配信や、終了後の一定期間に限って見ることができる見逃し配信も対象とする。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus