株価・外為

東京原油が一時、今年高値 米経済再開期待で

 1日夕から2日朝まで東京商品取引所で行われた中東産原油先物の夜間取引で、指標価格が一時、1キロリットル当たりで前日の清算値(株価終値に相当)比790円高の4万5830円に上昇した。今年の取引時間中の最高値を更新し、令和元年5月23日に一時付けた節目の4万6千円に迫った。

 石油関連業者や機関投資家の間で、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んだ米国を巡り、経済活動が早期に本格再開するとの期待が広がった。インドで新規感染がピークを越えたとの見方も背景に、世界的なエネルギー消費の増加を見込んだ先物買いが入った。2日午前の日中取引では、夜間取引の高値よりも少し安く推移した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus