海外情勢

EUが日本人観光客受け入れへ ロイター報道、近く実施

 欧州連合(EU)は観光など不要不急の渡航者の受け入れを認める国のリストに日本を加える方針を固めた。近く決定し、実施される見込み。ロイター通信が1日、関係者の話として伝えた。日本での新型コロナウイルス感染が一定程度、抑え込まれていると判断した。ワクチン接種が進むEUでは市民生活が正常化に向かっており、夏の観光シーズンを控え、日本人客を増やしたい思惑がある。

 ただ入国管理は加盟国の権限で、自主隔離や陰性証明書を求めることも含め、日本発の渡航者を実際にどう扱うかは加盟国が個別に判断する。

 EUでは、スペインが5月24日から日本などからの旅行者を規制なしで受け入れると発表。フランスやイタリアのように一定期間の自主隔離や陰性証明書の提示を条件に、日本発の観光客を既に認めている国もある。

 EU域外からの不要不急の渡航は、直近14日間の人口10万人当たりの新規感染者が「25人以下」の国からに限るなど厳しい基準が定められてきた経緯があり、認められているのは韓国やタイ、オーストラリアなど7カ国のみ。日本は1月にリストから外されていた。

 5月19日の加盟国大使級会合は基準を「75人以下」に緩和する方針で合意していた。

 EUでは規制緩和を受け、飲食店などが次々に営業を再開し、町は活気を取り戻しつつある。(ブリュッセル、ベルリン 共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus