海外情勢

中国製造業が設備投資に慎重、輸出に不確実性 世界中で供給不足が長引く恐れ

 世界の工場の役割を担う中国の製造業者は、輸出受注が増えても生産能力の拡大に慎重だ。中国の設備投資が低迷すれば、今年の同国の成長ペースが鈍り、世界中でモノの供給不足が長引く恐れがある。

 中国の中小製造業者はこれまで、商品相場の高騰で原材料の価格が上昇した分を顧客に転嫁せず自社で吸収し、世界の物価上昇圧力を抑える役割を果たしてきた。だが利益が大幅に減少する中、輸出見通しの不確実性や国内の消費需要の回復の弱さと相まって、1~4月の同国の製造業投資は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による統計データのゆがみを補正した2年前の2019年1~4月の投資額を0.4%下回った。

 世界経済脅かす恐れ

 中国の製造部門の規模は巨大だ。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想では、現在、21年の中国の経済成長率は8.5%に達する見通しだが、低調な設備投資は同国と世界の経済双方にとってのリスク要因になる。

 エリック・リーさんは米ホームセンター・チェーンのホーム・デポ向けなどにガラス製ランプシェードを製造する工場を所有している。売り上げがパンデミック前の2倍に増えてもぎりぎりまで生産を拡大して対応しており、多くの中国の製造業者同様、事業を拡大するつもりはない。こうした慎重さが、今年の中国の経済成長ペースを鈍らせ、需要回復に伴い世界中が感じているモノ不足を長引かせる可能性がある。

 リーさんは「原材料価格の高騰は利益幅の圧迫を意味する。世界の景気回復は今もまだら模様で、先行きは極めて不透明だ。だから生産能力拡大を進める動きはあまりない」と話す。

 シティグループの中国担当エコノミスト、劉利剛氏は「設備投資が予想を下回る低い伸びにとどまれば今年の国内総生産(GDP)成長率にかなりの影響を及ぼす可能性がある」とみる。さらに、中国企業の投資減少で日本やドイツなど先進国からの資本財、機器の輸入が大幅に落ち込み、「そうした国々の経済回復を妨げる恐れがある」と分析する。

 英スタンダードチャータード銀行が中国企業500社余りを対象に行った定期調査によれば、中小企業の間の投資マインドは、米中貿易戦争による不確実性が設備拡大計画に歯止めをかけた18~19年をも下回る水準にある。

 同行の中国担当エコノミスト、シェン・ラン氏は「需要は今でもまだ輸出中心で下支えされており、国内の企業はこうした状況が持続しないと分かっている」と語る。

 輸出中心の産業の中には限界まで追い込まれているところがある半面、内需の低迷で国内消費者を対象とする製造業者の大半は閑散としたままだ。

 パンデミックによるベース効果を除いた2年平均を基にした4月の小売売上高は4.3%増と、パンデミック前の成長率の半分にも届かなかった。1~3月期の中国の製造業者の全体的な設備稼働率は77.6%と、前四半期の78.4%を下回った。自動車部門は販売台数が3年連続で前年の実績を下回ったのを受け、過剰生産能力による打撃を最も強く受けた。

 販売台数が伸びている電気自動車(EV)さえも、ほとんどの企業は既に生産施設を構築しており、今後は逐次アップグレードに注力する予定だ。自動車業界の調査を行うJSCオートモーティブ・コンサルティングのヨハン・シーベルトは「設備投資の大半は終わっている」と指摘する。

 輸送もボトルネック

 中国政府が昨年、設備拡大を命じた国有企業は、20年の設備投資が前年比5.3%増と民間の1%増を大きく上回った。だが設備投資が持続的に持ち直すには、国家ではなく市場が自信を持つ必要がある。

 香港科技大学で中国の投資統計を専門とするカールステン・ホルツ氏は、データが入手可能な直近年に当たる15年には、民間製造業による設備投資が全体の87%を占めたと見積もる。民間企業の方が原材料コストに敏感だ。

 同氏は「パンデミックに加え、米国の新政権を考慮した場合、将来の貿易についての不安感がある。どちらも長期的な成長見通しを当てにする投資につながらない」と説明する。

 輸送のボトルネックも輸出関連企業にとっての課題だ。中国からガーデニング用品を輸出する企業経営者は、港湾作業の遅れで今年は注文の8割を断らなければならなかったと明かす。2月中旬以前の注文分の出荷ができたのが、3カ月後に顧客がやっとコンテナを確保したときだったという事例もある。

 リーさんのような製造業者にとっては設備投資の拡大以前に、長期的な国内成長と原材料価格の抑制が必要だ。パンデミック前に新規に正社員を200人採用したが、今は投資リスクを他に転嫁したいと考えている。リーさんは「今、投資を行うつもりはない。若干パートタイム労働者を雇い、残りは外注したいと思う」と話している。(Bloomberg News)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus