国内

「NO-VA」業務停止 マルチ商法業者

 消費者庁は23日、「NO-VA(ノーヴァ)」と称するオンラインツールを利用して連鎖販売取引(マルチ商法)を展開する笠井秀哉氏=大阪市=と井上岳氏=東京都新宿区=に対し、十分な説明をせずに勧誘したのは特定商取引法違反に当たるとして、取引停止命令と業務禁止命令を出したと発表した。期間はいずれも15カ月。命令は22日付。

 同庁によると、2人は平成30年10月ごろから会員の募集を開始。会員が「NO-VA」の新規登録者を増やしたり、特定のオンラインカジノゲームを宣伝してゲームの利用者を獲得したりすると、報酬が支払われる仕組みだった。

 勧誘する際には「副業の話」などとマルチ商法であることを隠し、契約時にも連鎖販売業を示す書面を渡していなかった。また、利用しても賭博罪に該当しないと虚偽説明をしていた。

 同庁は、井上氏が多い月には1000万円の利益を得て、売上高は億単位に上るとみている。各地の消費生活センターには、令和3年5月21日までに全47都道府県から計2202件の相談が寄せられていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus