海外情勢

武漢、コロナで一部封鎖 ホンダ工場停止

 中国湖北省武漢市は3日、新型コロナウイルスの市中感染者が見つかり、市内の一部を封鎖したと発表した。世界で最初に感染拡大が確認された武漢で感染者が出たのは、中国メディアによると約1年ぶり。中国では7月下旬ごろから各地で感染が広がっており、経済活動や市民生活に影響が出る懸念がある。

 ホンダは武漢市の封鎖地域内にある現地合弁の完成車工場の稼働を3日朝から停止した。市は全市民1千万人以上にPCR検査を実施する。

 市当局は2日付で市内の一部を新型コロナの「中リスク」地域に指定。住民が地域外に出ることを禁止し、医療や警察、運送用を除く車両の通行も止めた。

 湖南省の観光地として知られる張家界市も3日から市民や観光客が市外に出ることを禁止し、事実上の封鎖措置を取った。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus