国内

加藤長官、早産の男児死亡で自宅療養の妊産婦対応強化

 加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、新型コロナウイルス感染で自宅療養中だった千葉県柏市の妊婦の搬送先が見つからず、自宅で早産した男児が死亡したことに関し、都道府県に対して妊産婦の搬送や入院における対応強化を要請していく考えを表明した。

 加藤氏は「妊娠された方の受け入れはコロナ対応の一つの課題と認識されていた」と説明。「政府として必要な支援はしっかりやっていきたい」と述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus