海外情勢

「堀米雄斗」を商標申請 中国、アスリートが標的に

 中国で日本人アスリートの名前を第三者が無断で商標として登録申請する例が続いている。東京五輪のスケートボード男子ストリートの金メダリスト、堀米雄斗選手の名前も。中国人選手の名前の申請も相次ぎ、中国オリンピック委員会は本人に無断で申請しないよう警告した。中国国家知識産権局のサイトによると、堀米選手の金メダル獲得から3日後の7月28日、個人名義で「堀米雄斗」の商標登録が申請された。

 日本人選手関連の申請はこれまでにもあった。リオデジャネイロ五輪前の2016年6月には広東省深●(=土へんに川)市の企業が卓球女子の伊藤美誠選手の名前を申請。フィギュアスケート男子の羽生結弦選手の名前も17年以降、10件申請された。既に大半の申請に対し、無効との判断が出ている。

 一連の申請について商標制度に詳しい栗原潔弁理士は、中国ではインターネット上に商標権の転売市場があると指摘。「商標の買い取りを要求し、金銭を稼ぐ狙いがある」という。

 中国オリンピック委員会は今月18日に声明を出し、選手本人の許可なく名前の商標を申請してはならないと警告。国家知識産権局も同19日、東京五輪に出場した中国人選手の本名や愛称に関連する申請109件を却下したと発表した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus