国内

文科省概算要求5兆9千億円 教員支援やデジタル化促進

 文部科学省は30日、令和4年度当初予算の概算要求を発表した。総額は3年度当初比で11・7%増の5兆9161億円。多忙な教員を支援するスタッフの増員や、情報通信技術(ICT)を活用した学習を促進するための拠点整備などに重点を置いた。

 文教関係は9・1%増の4兆3859億円。採点業務や消毒作業などを担う「スクール・サポート・スタッフ」を1万4700人増やし2万4300人とする。児童生徒に1人1台のデジタル端末を配備する「GIGAスクール構想」で学校現場への運用支援を強化するため、教員へのアドバイスや故障などのトラブルに対応する拠点を自治体が整備する新規事業に64億円を計上した。

 科学技術分野は20・5%増の1兆1774億円。国産の新型コロナウイルスワクチンの実用化が遅れている問題を踏まえ、ワクチン開発の研究拠点整備に新たに65億円を充てる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus