株価・外為

NY株反落、323ドル安 原油6年11カ月ぶり高値

 週明け4日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前週末比323・54ドル安の3万4002・92ドルで取引を終えた。米長期金利が上昇傾向となったことから、相対的に割高感が意識されやすいIT関連銘柄が売られた。

 原油先物相場が上昇し、企業収益を圧迫するとの懸念も投資家心理を冷やした。4日のニューヨーク原油先物市場で指標の米国産標準油種(WTI)が続伸して11月渡しが1バレル=77・62ドルと、約6年11カ月ぶりの高値で取引を終えた。産油国が追加の増産を見送ったことから需給逼迫懸念が広がり、一時は1バレル=78ドル台をつけた。

 米連邦政府の債務上限問題を巡る与野党対立への懸念も、相場の押し下げ要因となった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、311・22ポイント安の1万4255・48。

 個別銘柄では、クレジットカードのビザやITのアップルの下落が目立った。一方、医薬品のメルクは買われた。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus