海外情勢

「日本から中国に頭脳が流出」これから日本人ノーベル賞学者は激減する恐れがある (1/2ページ)

 ■受賞ラッシュの日本に中国が立ちはだかる?

 2021年のノーベル物理学賞に、日本出身で米国籍の研究者・真鍋淑郎さんが決まった。自然科学3賞と呼ばれる、生理学・医学賞、物理学賞、化学賞を受賞した日本国籍の研究者は22人、真鍋さんのような米国籍の人も加えると25人になった。

 現在90歳の真鍋さんは、東大大学院を修了後、渡米。1960年代にコンピューターで気候変動モデルを作成し、地球温暖化予測の基礎を築いた。気候科学が物理学賞の対象になるのは初めてで、真鍋さんは「驚いた。初めは好奇心でやっていた。こういう大事な問題になるとは夢にも考えていなかった」と語った。

 2000年代に入ってから日本はノーベル賞受賞ラッシュが続いているが、研究力低下という深刻な問題を抱える。背景には、海外への「頭脳流出」の問題もあると見られる。真鍋さんは1997年に帰国し、科学技術庁(現・文部科学省)の研究プロジェクトの研究領域長に就任したが、2001年に辞任し再渡米した。役所の縦割り行政に、他の研究機関との共同研究を阻まれたことが原因と見られている。

 一方、中国は質の高い論文数ランキングで米国を抜いて世界1位になり、ノーベル賞候補と目される藤嶋昭・東大特別栄誉教授が中国の大学に移籍するなど、世界から注目を集める。今後、ノーベル賞候補に中国の人材や大学が名を連ねるようになるのだろうか。真鍋さんも藤嶋さんも、良い研究環境を求めて「頭脳流出」した。研究環境を改善しないと、ますます日本は研究力の低下とノーベル賞候補の減少を招く恐れがある。

 ■日本政府は「50年で30人受賞」を目指してきた

 中国籍のノーベル賞受賞者はまだ1人しかいない。中国系米国人などの受賞はあったが、中国籍の人が受賞したのは、2015年にマラリア治療薬の研究で生理学・医学賞を受賞した女性研究者・屠●(=口へんに幼)●(=口へんに幼)(トゥ・ヨウヨウ)さんが初めてだ。

 2000年代に入ってからのノーベル賞受賞ラッシュで、真鍋さんなど米国籍の3人も加えると日本はこの21年間で計20人が自然科学系の賞を受賞した。ほぼ毎年1人が受賞している計算になる。日本政府は2001年に、「50年で30人」という世界でも例のないノーベル賞受賞の数値目標を立て、「ノーベル委員会」の拠点があるストックホルムに事務所を開設し、情報収集や日本の情報を発信するなど、受賞者拡大に力を入れた。国を挙げて科学研究を推進する中国も、日本のように続々と受賞者を出したいだろうが、専門家たちの見方は厳しい。

 理由は、中国に対する国際的な評価がまだ高くないことだ。質の高い論文数で1位になったとはいえ、ノーベル賞選考にあたっては、国際的に著名な賞を受賞していることや、同分野の研究者間での評価など、さまざまな「指標」で判断される。この点で中国はまだ弱い。

 ■「引用栄誉賞」に中国人材は少ない

 指標の代表格が、米情報調査会社クラリベイト・アナリティクスの「引用栄誉賞」だ。同社は9月22日に、論文の引用数をもとにノーベル賞が有力視される2021年の「引用栄誉賞」16人を発表した。日本からは3人が選ばれたが、中国は入らなかった。過去に中国系研究者が2人選ばれたことがあるが、中国本土出身者ではない。同社によると「引用栄誉賞」受賞者59人が実際にノーベル賞を受賞している。

 真鍋さんも2015年に米国のノーベル賞と呼ばれる「ベンジャミン・フランクリン・メダル」、18年にスウェーデン王立科学アカデミーの「クラフォード賞」など、国際的権威のある賞を受賞している。

 他にも、米国の医学賞「ラスカー賞」、カナダの医学賞「ガードナー国際賞」、国際科学技術財団の「日本国際賞」、稲盛財団の「京都賞」など数々の指標となる賞がある。今年の京都賞では、中国のコンピューター科学者で、清華大・学際情報学研究院長の姚期智(アンドリュー・チーチー・ヤオ)氏が受賞したが、まだ中国の存在感は薄い。

 では、研究者を輩出する大学の実力はどうか。8月に、ノーベル賞候補と目される藤嶋昭・東大特別栄誉教授が研究チームごと上海理工大学に移籍したことが注目を集めたが、今、中国の大学は勢いを増している。

 ■東大を大きく上回る「世界16位」にランクイン

 英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」は、教育、研究、論文の引用数、国際性、産業収入の5項目について、大学の点数を計算し、世界の大学ランキングを発表している。

 9月2日に発表された「世界大学ランキング2022」によると、中国からは、北京大学と清華大学が16位に入った。100位以内を見ると、復旦大学(60位)、浙江大学(75位)、上海交通大学(84位)、中国科学技術大学(88位)、と続く。

 北京大は2015年には48位だったが毎年順位を上げ、昨年は23位。清華大も2012年の71位からほぼ毎年順位を上げ、昨年は20位になった。両大学ともそれをさらに押し上げ、今年は10位台にくいこんだ。一方、日本で100位以内に入ったのは、35位の東大と61位の京大の2校だけ。中国の大学の元気さが分かる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus