SankeiBiz for mobile

AIプロ「東ロボくん」、東大諦めたら偏差値急上昇 数学44.3→76.2に

記事詳細

AIプロ「東ロボくん」、東大諦めたら偏差値急上昇 数学44.3→76.2に

更新

数学44.3→76.2

<< 下に続く >>

 情報・システム研究機構国立情報学研究所(NII)は14日、人工知能(AI)プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」(東ロボ)において、東京大学第2次学力試験に向けた論述式模試の「2016年度第1回東大入試プレ」、マークシート式大学入試センター試験模試の「2016年度進研模試総合学力マーク模試・6月」に挑戦し、昨年(15年)を大幅に上回る成績を上げたと発表した。

 東ロボは数学チームと物理チームに分かれており、数学はNII、富士通研究所、名古屋大などが担当。物理は富士通研究所、サイバネット、東大などがそれぞれ開発を担当している。

 なお、東ロボは今年11月に現在の技術では東大合格の水準に達することが難しいとの判断から、進路変更を決定していた。

三角関数にも対応

 数学についてはこれまで解けなかった三角関数の問題に対し、限量記号消去を適用できる形に変換して解く技術を開発。また、言語処理部分では数式解析部と文間関係解析部の開発、文法と辞書の拡充、構文解析技術の改良などを図り、自動で解ける問題の範囲を広げた。

 これにより、代々木ゼミナールの論述式模試「東大入試プレ」では問題文を入力後、問題文の解釈から自動求解、解答の作成までをAIで完全に自動で行い、6問中4問を完答。この結果、偏差値76.2(得点80点=120点満点)を獲得した。昨年度は駿台予備学校の論述式模試を受験し、数学は偏差値44.3(20点)だった。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です