SankeiBiz for mobile

トヨタ、小型SUV「C-HR」を新発売 プリウスと同じ車台でコスト抑制

記事詳細

トヨタ、小型SUV「C-HR」を新発売 プリウスと同じ車台でコスト抑制

更新

 トヨタ自動車は14日、新型の小型スポーツ用多目的車(SUV)「C-HR」を発売したと発表した。デザインと走行性能にこだわったのが特徴で、ハイブリッド車(HV)「プリウス」と同じプラットホーム(車台)を使いコストも抑えたという。価格は251万6400円から。国内では月間6千台の販売を目指す。

<< 下に続く >>

 C-HRは、HVと排気量1・2リットルのターボエンジン搭載モデルを設定した。ガソリン1リットル当たりの燃費はHVが30・2キロメートル、ターボ車が15・4キロメートル。外装デザインは「ダイヤモンド」をモチーフにした。生産は日本とトルコの工場で行う。

 日本のほか、欧州や米国、アジアなど世界100カ国以上で売り出し、年間17万台の販売を目指す。

このニュースのフォト

  • トヨタの新しいSUV「C-HR」=東京都江東区(伴龍二撮影)
  • トヨタの新しいSUV「C-HR」=東京都江東区(伴龍二撮影)
  • トヨタの新しいSUV「C-HR」=東京都江東区(伴龍二撮影)
  • トヨタの新しいSUV「C-HR」=東京都江東区(伴龍二撮影)
  • トヨタの新しいSUV「C-HR」=東京都江東区(伴龍二撮影)

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です