SankeiBiz for mobile

首都圏もガス値下げ競争過熱 ニチガス、東ガスより3.6%安いプランで対抗

記事詳細

首都圏もガス値下げ競争過熱 ニチガス、東ガスより3.6%安いプランで対抗

更新
1/2枚

 LPガス大手の日本瓦斯(ニチガス)は20日、4月から関東地域で販売する家庭向け都市ガスの料金プランを発表した。東京ガスから切り替えると約3.6%安くなる価格を打ち出した。4月に始まる都市ガス小売りの全面自由化を控え、関西では価格競争が先行しているが、最大市場の首都圏でも競争が過熱しそうだ。

<< 下に続く >>

 「圧倒的な都市ガストップ企業に挑戦するリスクを取っても、新しい都市ガス事業に挑戦したい」

 ニチガスの和田真治社長は20日、記者会見し、東ガスへの対抗心をあらわにした。

 和田社長は関東が国内最大の商圏であることに触れ、今後の競争激化に備えて「異業種との連携による新たなイノベーションを構築したい」と強調。ニチガスは提携先の宅配水や通信事業者のサービスを契約すると最大で28.6%安くなる戦略的な価格も提示し、初年度に新たな顧客11万件の獲得を目指す。

 ニチガスはもともと東ガスから32万件分の液化天然ガス(LNG)の卸供給を受けていたが、この4月から供給元を東京電力ホールディングス(HD)傘下で小売り事業を手掛ける東電エナジーパートナー(EP)に切り替えることを決め、東ガスとは“因縁”の関係にある。

このニュースのフォト

  • 家庭向け都市ガス料金プランを発表する日本瓦斯の和田真治社長(左)=20日、東京都千代田区

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です