SankeiBiz for mobile

ユニクロ社員は英語ペラペラになったのか 社内公用語化から丸5年、「困っています」の声も

記事詳細

ユニクロ社員は英語ペラペラになったのか 社内公用語化から丸5年、「困っています」の声も

配信元:PRESIDENT Online 更新
<< 下に続く >>

 グローバル化の影響で英語を社内公用語にする企業が珍しくなくなりましたが、実際問題、社内でどれくらい英語が使われるようになったのか? また、社員の英語学習への意識・レベルはどれくらい向上したのでしょうか?

 社内公用語を英語にする目的とは?

 そもそも日本企業にも関わらず、なぜ英語を社内公用語にするのでしょうか? それは、海外展開に積極的であること、そして各国での現地スタッフとのコミュニケーションを重視しているなどの理由が挙げられます。

 例えば、大事な決定事項のある会議を行う場合、細かなニュアンスの違いで誤解が生まれることも考えられます。

 「あの頼んでいた仕事、どう?(Have you finished making the document?)」

 と聞かれたとして、作業の進捗状況を英語で正確に答えるのは意外と難しいです。大事な仕事ほど、細かな誤解が結果的に大きなミスを生みかねませんから、表現には神経を使わねばなりません。

ランキング