SankeiBiz for mobile

【日産記者会見・詳報(1)】無資格検査が「常態化」と西川社長 「悪しき習慣断ち切る」

記事詳細

【日産記者会見・詳報(1)】無資格検査が「常態化」と西川社長 「悪しき習慣断ち切る」

更新

 新車の無資格検査問題をめぐり、国土交通省に原因究明と再発防止策の報告書を17日提出した日産自動車が、横浜市の本社で同日午後4時半から記者会見を開いた。詰めかけた200人を超える報道陣を前に、西川広人(さいかわ・ひろと)社長は会見の冒頭、「信頼を裏切り、改めて深くおわび申し上げたいと思います」と早口で陳謝し、頭を下げた。続いて「(国交省の奥田哲也・自動車)局長からは大変厳しい言葉をいただいた。これから信頼回復に向け努めていきたい」と述べ、同席する山内康裕最高競争責任者(CCO)に報告書の内容説明を引き継いだ。

<< 下に続く >>

 「無資格検査問題の原因・背景」として同社が挙げた要因は、大きく分けて7項目。(1)完成検査員の人手不足(2)希薄な規範意識(3)管理職の認識不足(4)マニュアルと完成検査票のミスマッチ(5)実態とかけ離れ、不明確な基準書(6)現場と管理職の「距離」(7)実効性を欠いた内部監査-だ。

 (6)の「現場と管理職の『距離』」について、山内CCOは「完成検査員が不足している現状について、管理者層に改善を求めなかった」「内部通報をしても『是正されないのではないか』と認識されていた」と説明。改善策として、各工場で生産計画や人員配置などの意思決定に係長クラスを参画させるほか、来年1月から管理職である「品証課長」ポストを2人体制に増員し、係長クラスを登用する計画などを挙げた。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です