SankeiBiz for mobile

日産、新スポーツ車ブランド「オーテック」投入 個性派ユーザー照準

記事詳細

日産、新スポーツ車ブランド「オーテック」投入 個性派ユーザー照準

更新

 日産自動車は24日、内外装の上質感を高める特別装備を行ったスポーツ車ブランド「オーテック」を立ち上げると発表した。近く新ブランドでミニバン「セレナ」のカスタムカーを日産の販売店で発売し、その後も対象を小型車やSUV(スポーツ用多目的車)などに順次拡大する。付加価値を高めてカーマニアらの需要を掘り起こす一方、無資格検査問題で低下したブランドイメージの回復にもつなげる。

<< 下に続く >>

 オーテックは日産が市販する標準車の運動性能や内装をスポーツ仕様に仕上げた「ニスモ」に続く2つ目のカスタムカーブランド。日産グループで特装車の開発や販売を手掛けるオーテックジャパン(神奈川県茅ケ崎市)を通じて展開する。

 新ブランドでは、上質なデザインのグリルを用意するほか、シートやハンドルの色や素材の選択肢も増やして幅広い顧客ニーズに対応。セレナなど1車種当たりの国内販売台数に占める新ブランドの割合を約5%にすることを目指す。

 横浜市内で開かれた発表会で、同社の片桐隆夫社長は「家族構成を理由にやむを得ずミニバンを選んだ人の中にも『もっと車を格好良くしたい』というニーズはある」と述べた。

 日産は生産を終えた往年の名車に乗り続けられるようにバンパーなどの部品を再供給するサービスも用意し、24日から受注。まずは、1989年に発売した8代目「スカイライン」の「GT-R」(R32型)を対象に始める。

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です